指輪のあれこれを比べてみて最適な指輪を見つける! - 指輪のあれこれ比べてみました

HOME » 指輪のあれこれ » 指輪のあれこれを比べてみて最適な指輪を見つける!

指輪のあれこれを比べてみて最適な指輪を見つける!

世の中に指輪がいっぱいありすぎる問題

「指輪」と呼ばれるものの数は、世の中にどれほどあるのでしょうか。少なく見積もっても数千万・下手をしたら億単位になっているかもしれません。
ここまで指輪の数が多くなると、何がどう良いのかわからなくなります。結婚指輪を探している最中ならば、さらなる混乱は避けられません。そこで色んな観点から、指輪のあれこれを比べてみました。

指輪をずっとつけているのなら

結婚指輪をずっとつけてる予定だというのなら、プラチナがおすすめです。プラチナの素材そのものの存在感が強いので、すごくシンプルなデザインでも映えるようにできています。シンプルデザインのものをチョイスすれば、パーティーだけでなくビジネスの場でも身につけることができるでしょう。
ただし、寝ている時もずっとつけるのはオススメできません。指輪を外して専用のクロスで丁寧に拭いた後、リングケースで大切に保管してあげましょう。

金属アレルギーが心配なら

金属アレルギーが心配ならば、チタンかアルミ・レアメタル素材の指輪がおすすめです。チタンやアルミ素材の指輪を身に着けたからとは言え、金属アレルギーは絶対に大丈夫という保障はありません。でも他の素材と比べた場合、アレルギーのリスクはまだ低いです。
先ほど紹介したプラチナも、金属アレルギーになりにくい素材と言われています。しかし世の中に出回っているプラチナの多くは、合金です。プラチナの中に入っている金属に反応する恐れがあるため、チタンやアルミと比べるとリスクは高いです。どうしても心配だというのなら、一度専門医まで相談するようにして下さい。

既製品か手作りか?

結婚指輪は、手作りか既製品どちらが良いのかと問われると、断然手作りです。手作りの最大のメリットは、思い出づくりでしょう。指輪職人として働いない限り、夫婦で作った結婚指輪は世の中に2つしかありません。特別感が出てくるので、一生の思い出になります。
また店で購入するよりも、値段が安く抑えられるというメリットも受けられるでしょう。「お金はないけど結婚指輪が欲しい!」というのなら、手作り一択です。