結婚指輪のタイプを比べてみた! - 指輪のあれこれ比べてみました

HOME » 指輪のあれこれ » 結婚指輪のタイプを比べてみた!

結婚指輪のタイプを比べてみた!

結婚指輪の種類はかなり多い

指輪と一言いっても、種類は無限大です。ファッション用リングならばともかく、結婚指輪となると慎重になるのも当然でしょう。
そこで指輪を大まかにわけて、あれこれ比べてみました。結婚指輪を選ぶ上での、判断材料になれば幸いです。

相場を比べてみた!

まずは相場を比べてみましょう。結婚指輪の全体的な相場は、およそ20万円〜30万円台と言われています。国内ブランドの結婚指輪となると、もう少し安い値段で購入できる可能性が高いです。
海外ブランドは海外から輸入しているため、コストはどうしてもかかってしまいます。コストがかかると、必然的に値段も上がってしまいます。しかし国内ブランドならば、輸入コストはほとんどかかりません。ブランドにもよるので一概には言えませんが、国内ブランドの価格は海外ブランドのおよそ3/4ぐらいの値段です。ちなみにクオリティは、国内ブランドも海外ブランドもほとんど大差はありません。

素材を比べてみた!

次に素材について、比べてみましょう。国内ブランドでも海外ブランドでも、結婚指輪の素材にはプラチナが用いられています。プラチナは見た目が美しいだけでなく、頑丈な金属でもあります。変色もしにくい材質になっているため、大切に扱えば何十年と使えるでしょう。
ゴールドの結婚指輪も人気が高いです。プラチナの結婚指輪と値段を比べると、ゴールドの方が若干安いです。しかしクオリティはプラチナと同等。耐久性が非常に高く、大切に扱えばプラチナと同じく何十年と使うことは可能です。

作り方を比べてみた!

最後に比べるのは、手作りと既製品の結婚指輪です。手作りは、人の手によって直接作られた結婚指輪です。人の手が加わっているため、完成までに2ヶ月〜3ヶ月はかかるでしょう。一方既製品の結婚指輪は、入手までにほとんど時間はかかりません。それこそ挙式の直前に購入しても、指輪交換の時間には十分に間に合います。
ただし既製品には、手作り独特の温もりがありません。温もりがないため、愛着もほとんど沸かないでしょう。