結婚指輪のメーカーの違い - 指輪のあれこれ比べてみました

HOME » 指輪のあれこれ » 結婚指輪のメーカーの違い

結婚指輪のメーカーの違い

結婚指輪は海外メーカーのほうがいい?

結婚指輪の風習は、もともとはヨーロッパのものです。

数多くの海外メーカーが結婚指輪どのマリッジアクセサリーを取り扱っています。

結婚指輪は絶対にあの海外メーカーがいい、と希望している人もいるでしょう。

一生に一度の買い物ですから、希望通りのメーカーの結婚指輪を買うことをおすすめします。


しかしそこまで結婚指輪に憧れがない人は、ちょっと待ってください。

「知名度が高いメーカーのほうが買い物の失敗が少なそうだから」などという理由で、結婚指輪を選びそうになっていませんか。

海外の好みと日本人の好みは違います。

その証拠に日本では小回りが利く小型車が人気ですが、海外では小型車はそこまで人気ではありません。

アクセサリーも同様に、海外のメーカーは現地の人好みで作られています。

つまり日本人好みの結婚指輪を取り扱っているのは、国内メーカーなのです。

なんとなく海外メーカーの結婚指輪にしようと思っている人は、国内メーカーの結婚指輪も候補に含めることをおすすめします。

国内メーカーと海外メーカーの結婚指輪の違い

国内メーカーと海外メーカーの違いは、指輪の大きさです。

日本では日常で身に着けていても邪魔にならないシンプルなデザインが好まれますが、海外では日本よりも幅が広い存在感がある指輪が好まれています。

海外のメーカーのほうがダイヤモンドの粒も大きめを取り扱っており、国内メーカーのほうが日本人に合う小粒のダイヤモンドをそろえています。

またプラチナに混ぜられている金属もメーカーによって変わります。

日本国内のメーカーであれば金属アレルギーが起こりにくい金属をプラチナやゴールドの素材に混ぜ合わせます。

しかし海外メーカーの安い指輪だと金属アレルギーや変色が起こりやすい金属を混ぜ合わすこともあります。

一定の質を求めるのであれば、やはり国内メーカーがおすすめです。

気になるのはアフターケアの違いです。

海外のメーカーの指輪は、海外のオンラインショップで購入すると格安で手に入れられます。

ただしサイズ直しなどのアフターケアーサービスを外国語で申請しなければならない、などの手間がかかります。

日本国内にメーカーのショップがあればそちらでサイズ直しや磨きなおしが申請できますが、一度海外に発送する必要があるので、メンテナンスに1カ月以上の時間がかかります。

国内のメーカーであれば、メーカーに結婚指輪を持っていけばサイズ直しなどを行えます。

国内で行えるので、メンテナンスにもそこまで時間はかかりません。