結婚指輪の購入時期などについたまとめ - 指輪のあれこれ比べてみました

HOME » 指輪のあれこれ » 結婚指輪の購入時期などについたまとめ

結婚指輪の購入時期などについたまとめ

結婚指輪の購入時期はいつ?

結婚指輪の購入時期は、平均するとだいたい挙式の半年以上前から購入したという結果が出ています。

結婚指輪は購入あるいは手作りをしても手元に来るまでに時間がかかることが多いです。

また、両親の顔合わせの際に指輪を披露したいという人がいたり、式の直前になりますと、式の準備や打ち合わせにより時間がとられてしまうため余裕を持って半年以上前に購入するそうです。

中には10ヶ月以上前から購入している人達もいます。

しかし、これは結婚式を挙げる人達の場合であり、結婚式を挙げない人達は特に決まった時期に購入したということはないみたいです。

入籍のタイミングや新婚旅行に行くとき、同居をし始めるときなどタイミングは様々です。

結婚指輪についてのあれこれ

次に結婚指輪に関する費用や負担などの情報です。

結婚指輪の費用自体はペアで平均して15~20万円ほどといわれています。

購入者については、男性が全額払ったというものが多く、次に女性と男性で半分ずつ支払ったというケースが多く、お互いに折半して結婚指輪を購入する人達が増加しています。

また、結婚指輪をつけるタイミングも人それぞれ違います。

1つ目は、結婚式からつけるケースで、結婚式を生活のスタートとして考えるパターンです。

2つ目は、入籍日からつけるケースで、入籍した日を結婚記念日として考えるパターンです。

特に結婚式を挙げない人達は、入籍日を区切りとして結婚指輪をつけるケースが多いです。

3つ目は購入後すぐにつけるケースで、今すぐにでもつけたい人や結婚式まで待ちきれない人達のパターンがあり、こちらは結婚式を挙げない人達に多く見られます。

結婚式を挙げる人と挙げない人で結婚指輪についての考えも違います。

また、特に定まった結婚指輪のルールなども存在しないため、2人で話し合っていつ結婚指輪を購入するのか、どのようなデザインにするのかなどをじっくりと相談しあうのも結婚指輪を購入するうえでの楽しみの一つになるのではないでしょうか。