結婚指輪を選ぶ際に抑えたい3つの指輪 - 指輪のあれこれ比べてみました

HOME » 指輪のあれこれ » 結婚指輪を選ぶ際に抑えたい3つの指輪

結婚指輪を選ぶ際に抑えたい3つの指輪

結婚指輪選びはプレッシャーがかかる

結婚指輪は、一生に一度の買い物。しかも一度手にすると、余程のことがない限り返品も不可能です。
「余程のことがない限り」と余韻を残す言い方ですが、実質99.999%返品不可です。絶対に失敗は許されません。

形状を抑えて指輪選び

余計なプレッシャーも相まって、結婚指輪選びにはかなり苦労されているかと存じます。日本国内だけでも、有名ブランドや海外ブランド店は勢ぞろい。何から選べば良いのか分かりません。そこで注目したいのが「形状」です。
数万以上あるデザインの中から1つを選ぶのは、とんでもなく難しいことです。でも3つの中から1つを選ぶのは、難しい作業ではありません。結婚指輪の形状は、大きく分けて3つだけです。3つの形状から1つ選び出せれば、結婚指輪選びは簡単です。

ストレート型の結婚指輪

1つ目の形状は、ストレート型です。ストレート型にも、甲丸と平打の2種類あります。ただ細かく分けるとキリがありません。現段階においては「ストレート型」の把握だけでも十分でしょう。ストレート型は、指輪のアームが一直線になっている形状です。
どんな人にも似合う形状となっており、もし悩んでいるのなら選んで損なしです。

S字型の結婚指輪

2つ目の形状は、S字型です。似たような形状に「ウェーブ型」がありますが、言葉が違うだけ。基本的には同じです。
S字型は、アームの形がS字(またはウェーブ)になっているのが特徴。柔らかい雰囲気となっており、指先をエレガントに見せたいのならおすすめです。

V字型の結婚指輪

3つ目の形状が、V字型です。読んで字の如く、アームがV字になっているのが特徴です。V字の角度が浅いものになると、先程紹介したS字型と似た形状になっています。
V字型のメリットは、指を細く長く見せてくれることです。指の短さにコンプレックスを抱いているのなら、V字型はおすすめできます。

アレンジが入っている

市場に出回っている結婚指輪は、3つの形状に様々なアレンジを加えたものになっています。
ダイヤモンドなどの宝石を付け足して華麗に。テクスチャをつけて、デザイン性を高めている指輪も。あります。