良い結婚指輪を見つけるための比較 - 指輪のあれこれ比べてみました

HOME » 指輪のあれこれ » 良い結婚指輪を見つけるための比較

良い結婚指輪を見つけるための比較

いろいろと比較をしてみよう

良い結婚指輪を選ぶ最善の方法は、結婚指輪をあれこれ比べることでしょう。単体では見えてこない事実でも、比べてみれば何か分かるかもしれません。そこで結婚指輪のあれこれを比べてみました。
なお「結婚指輪」と一言言っても、色んな種類があります。全ての結婚指輪に当てはまるわけではなく、あくまでも一般的な事柄について取り上げますので、何卒ご了承頂ければ幸いです。

男性と女性の指輪

まず比べるのは、男性の結婚指輪と女性の結婚指輪です。男女同じデザインの結婚指輪は逆に珍しく、今は男女別々デザインの結婚指輪が多くなりました。
顕著に出ているのが、指輪アームの幅でしょう。女性の指は繊細な形をしているため、細め目のデザインが多く見られます。一方男性の指はごってりとした形をしているため、女性用の指輪と比べるとごついデザインの指輪が目立ちます。細い指輪を男性が身につけても何の問題もございませんが、耐久性に問題が出るのは否めません。普段から力仕事に務めているのなら、ごつめのデザインの指輪がベストと言えるでしょう。

ゴールドとプラチナ

次に比べるのは、素材についてです。結婚指輪の素材で最もメジャーなものは、プラチナです。プラチナは一種のレアメタルで、滅多に採掘されない貴重な鉱物です。プラチナの特徴は、白く美しく輝く姿でしょう。また金属アレルギーのリスクが少なく、かなり頑丈にできています。
ゴールドも人気がある結婚指輪の素材です。ゴールドは黄金色に輝く素材で、耐久性は抜群。数千年前のゴールドの調度品でも、現代も形が残っており輝きを放っているほどです。シンプルにしてもかなり映えるので、指輪をつけ慣れていない人でも抵抗なく身に着けられるでしょう。

宝石の有無

最後に比べるのは、宝石の有無です。結婚指輪に使う宝石として代表的なものはダイヤモンドです。例え小粒のダイヤモンドでも、結婚指輪につけるだけでかなり印象は変わるでしょう。
問題は価格。店で購入するとかなり高くつきますが、手作りならばダイヤがついても値段は安くなります。